矯正歯科で使われる器具

矯正歯科とは、歯並びを矯正することで
お口の健康を保つことを目的としている歯科のことです。

 

私たちの歯は全員が同じ形というわけではありません。

 

人によって歯並びや歯の形が違うということは、
歯の磨きやすさも変わってきます。

 

自分では充分な時間をかけて歯磨きをしているつもりでも、
歯並びが良くないせいでブラシングの効果を削いでいる可能性もあるのです。

 

矯正歯科を受診することは、
将来に歯の健康を保障することに繋がるのです。

 

矯正歯科の技術の進化とともに、
矯正器具にも様々な種類が誕生してきました。

 

最も一般的なものが、金属製のブラケットです。
歯の表面にワイヤーを装着することで、
少しずつ歯並びを矯正することが出来ます。

 

お口の空けたときにブラケットが見えてしまうのが嫌だという人もいますよね。
そんな方におすすめなのが審美ブラケットです。

 

透明なワイヤーを使用しているので、
矯正していることが他人に知られにくいというメリットがあります。
金属アレルギーの人でも使用可能な点にも注目です。

 

ただし、金属に比べると費用が高めで、
歯を固定する力が弱いという点にも留意しておきましょう。

 

歯の表面ではなく、
裏側にブラケットをつけるという方法も存在します。
多少違和感覚えることもありますが、
外からみたときには歯科矯正中だと悟られる可能性が格段に低くなります。

 

こちらは、歯科医師によって取り扱っていないところもあるので、
利用したいという人は事前に確認することをおすすめします。

 

歯科矯正は時間がかかる治療なので、
ライフスタイルに合わせて矯正器具を選択しましょう。